CRY

Twitterには長いやつ

アルバム「SHORE BREAK」発売記念 ~ 山下圭志 LIVE in 名古屋Breath(2019年9月15日)

地下鉄東山線中村公園駅に来たのは初めてだけど、「Live & Dining Breath」はすぐにわかった。駅から遠くないし、交差点の目立つ場所にある。初めての人も遠征の人も安心だ。

f:id:cry_htn:20191013190643j:plain

開場と同時に入る。

店内は広い。ゆえにステージも広い。キーボードは右寄りに置いてある。「YAMAHA CP4 STAGE」と入っているから、ジングルウィークや北山かなんデビューLIVEのものと同系統らしい。赤いギターも立ててある。BBガールズのTwitterによると、スモークやレーザービームの設備もあるという。

客席は途中に段差があって、後ろからでも見やすそうだが、だいぶ前方の真ん中の席に座ることができた。

ステージを向いて左には、大きめのスクリーン。

反対の右後方に、注文カウンターと、料理を並べるスペースがある。このライブはランチビュッフェが付いている。かなりおいしいという評判だ。

 

隣の席の女性BBガールズファンは食事をかなり楽しみにしている様子。恥をかかせる訳にはいかない。時間が来てビュッフェ開始の合図があると、僕は先陣を切ってお皿の前へ躍り出ようとはしゃいだ。が、すぐに「介助の必要がある方が優先です」というアナウンスが入る。それは当然だ。気が付かなかった。恥ずかしい。

すぐに自分の席へ引き返すが、わざとステージの前を通って、近くからキーボードの鍵盤を確認した。52鍵、京都・木屋町のevent space PALMTONEでカナさんが毎月弾いているのと同じだ。向こうの方は、BB大喜利 夏の陣の打ち上げで数えておいた。

 

ビュッフェの料理は評判通り、本当においしかった。ひとつにしぼって特筆するなら、エビのピザ! シーフードピザという言い方では表現できない。香りからして豊潤で、エビ! という感じ。あれはエビ!のピザ!

 

入場時に小さな紙袋をもらった。

僕はネタバレを避けるために開けていなかったが、同じテーブルの方々のお話ではクラッカーということだった。いつ鳴らすのだろうか。一応、すぐに紐を引っ張れるようにしておく。

f:id:cry_htn:20191023090021j:plain

いよいよライブ開始。

トップバッターは、TIME FOR LOVE。

「夜明けのムーンシャイナー」は、たじさんの「ハ~ア」という高音コーラス入りで聴くことが多かったので、ないと違った感じ。頭の中でたじさんの声を補って聴く。

ボーカルの冴沢さんが客席まで下りてきて、会場を温めた。最前列の少年が笑顔になったことがその証明。 

TIME FOR LOVEは4曲のステージだった。

 

(まだまだ続く)